• HOME
  • 理学療法治療器
  • 院開業のために
  • スポーツ選手レポート
  • お客様の声
  • 取扱い製品一覧
HOME > スポーツ選手レポート



元読売巨人軍のスター選手で、現役引退後も巨人軍やWBCコーチ等も長く勤められていた篠塚和典氏が、チャリティーゴルフ大会を通じて発展途上国の子供達を里親として支援されている。私もこの活動に共鳴してフィリピンの男の子をスポンサードしているのですが、今般篠塚氏に誘われて一緒にフィリピンの山村貧困地帯、そして首都マニラのスラム地区を訪ねてきましたので、今回はその報告と感想を記したいと思います。

さて、発展途上国の惨状は、第二次大戦後日本も暫く貧しい時代があった訳で、自分自身の子供の頃の状況や、今迄もマスコミ等の報道を通じてある程度は分かっていたつもりでしたが、見ると聞くとでは大違い、想像を絶する劣悪な生活環境にショックの連続でそれは言葉を失うほどでした。現地で体感した実際の湿度や温度、そして強烈な悪臭は、決して誌面や画面からだけでは伝わらない事を改めて感じた次第です。

それにしても、こうした劣悪な環境下で暮らす恵まれない子供達の事をおもうと、教育や政治が如何に大切なのかと改めて考えさせられました。それとともに、望めばほとんどの願いが叶う我々現代日本人が、折角のチャンスを活かさないでいるもどかしさを感じずにはおられない一時でもありました。