トップ

アスリートレポート

athlete report

啓光学園 優勝! (4年連続6回目)

 [ 高校ラグビー ] 

 

◆第82回 全国高校ラグビー大会 優勝! [2003/03]

今回の全国高校ラグビーの優勝戦にて、東福岡(福岡)を26-20で下した啓光学園(大阪第3)。その優勝の裏には、チーム内の1軍から3軍で競ってきたことにあるそうです。「下が強くなるということは上も強くなるということ。勝つことで試合に出られない悔しさを解消するのが啓光ラグビー」とのこと。相手に渾身の力でぶつかってボールを取り合うラグビーには故障する選手も多く、それを支えているのが、啓光学園ラグビー部のトレーナーで、大阪堺市で整骨院を営んでいらっしゃる石田先生。治療には弊社の「アキュスコ ーフ80L、マイオパルス75L」をご使用頂いており、故障した選手の早期の現場復帰を手助けされています。

 


 

第84回 全国高校ラグビー大会 優勝! [2005/03]

82年ぶりの快挙、4年連続優勝はを達成された啓光学園のトレーナー、石田先生に選手を施療される際、気をつけていることを伺って参りました。


【石田先生先生よりコメント】
施術では、いつ試合があり、対戦相手はどこか、選手のポジション等、状況を詳しく把握してから行っています。
84回全国大会は、1人で全ての選手をサポートしたため自前の器械では足りず、ケガの酷い選手はサンメディカルさんからお借りした器械をフル活用しました。

2001 年、選手自身が実力を備えていましたが、マイオ75L&アキュ80L を導入した翌年からは、選手の故障からの復帰が早く、また戦力も安定していたように思します。これはマイオ75L&アキュ80L の貢献が大きかったのではないかと感じています。

 

[スタッフより]
「すべては選手の力」と謙遜される石田先生でしたが、患者さんとともに前向きに努力することが、夢や希望の達成という結果に繋がったのではないでしょうか。また、先生から治療器と選手の関係について、嬉しいお言葉を頂き、誠にありがとうございました。

啓光学園

啓光学園


啓光学園

 

啓光学園