トップ

アスリートレポート

athlete report

ドイツ・ダイビングチーム

今年1月、25年間のラグビー現役生活に幕を閉じた神戸製鋼・大畑大介選手。
世界最多のトライ記録を誇る稀代のスーパースターと言われ、2年前にはマイオパルスで集中的に通電をするなど再三の故障にも負けない闘志で、ひたすら前だけを見続けてきた大畑選手の今回の引退は当社スタッフ一同非常に残念に感じています。今後は、次のステージに向けて新たな情熱を燃やして邁進するであろう大畑氏のご活躍を心よりお祈り致します。


[田中選手と弊社・森本]
[ 朝日新聞 ハーフタイム [2011/3/7付]
6日に名古屋であったラグビートップリーグのオールスター戦で、神戸製鋼の元日本代表WTB大畑大介(35)の引退セレモニーがあった。大畑は「悔いはない。完全燃焼」。今後については未定だが、「ラガーマンとしては永遠に不滅。ラクビーにしっかり向き合い側面支援していければいい」と話した。]
画像追加予定
手サイン