• HOME
  • 理学療法治療器
  • 院開業のために
  • スポーツ選手レポート
  • お客様の声
  • 取扱い製品一覧
HOME > セミナー情報>勉強会/展示会報告

■Physiomed社 Mr.Schleissing氏 来日 ! IONOSON-Evident勉強会を開催しました !


昨年『IONOSON-Evident(イオノソン・エビデント)』の発売を前にPhysiomed社 海外営業部門総責任者であるMr. chleissing 氏が来日いたしました。

横浜で行われた「第55回日本プロ野球トレーナー協会研究会」では、昨年12月5日のリリースに先駆けてIONOSON-Evidentをお披露目し、特に今回は今までにない機能「Deep Oscillation®」の新しい感覚をブースにお立ち寄りいただいた皆様にご体感いただきました。心地よい振動とマッサージ効果で、痛みや凝りがその場で緩和されたとおっしゃる方も多く、「不思議!」「面白い!」といった声をいただきました。

この今までにない心地よい振動を生み出すヒミツの一つは、白い手袋(!?)。電気が流れているような感覚はなく、じわぁ?っと、何か浸透していく感覚です。昔、子供の頃に、頭の上や腕に下敷きをのせて思いっきり擦って引き上げて遊んだ経験はありませんか?理科の実験だったでしょうか。。。静電気で下敷きに毛がくっついて、くすぐったいというか、じわぁ?とした感覚があったかと思う(!?) のですが、その感覚に似ています。そのため、体感された方は「不思議」とか、「面白い」というような反応になるのかもしれません。痛みを軽減する治療器で、「不思議」や「面白い」というのは適切な表現ではないかもしれませんが、なかなか文章ではご説明しづらいので、一度ご体感いただき効果のほどをお確かめいただければと思います。

また、名古屋ではMr. Schleissing氏を講師としてIONOSON-Evident勉強会を開催いたしました。ここでも注目すべきは「Deep Oscillation® (深層振動低周波)」。「No Current Flow」「Electrostatic」「Lymph drainage」などの英単語も飛び交い、新たな機能にはどのような作用があり、どのような効果があるのかなどを理解するのに参加者全員必死に耳を傾けていました。

既に欧米では、「HIVAMAT(ヒバマット:HIstologically VAriable MAnual Technique)」という名で多くのアスリートを早期回復に導いてきたこの機能(Deep Oscillation® )を理解することで、「イオノソン」にもともとあった電気刺激、超音波、コンビネーションの各モードの価値も知ることができ、大変良い機会となりました。
今後新たな通電方法を勉強会や展示会でご提案させていただく予定です。