• HOME
  • 理学療法治療器
  • 院開業のために
  • スポーツ選手レポート
  • お客様の声
  • 取扱い製品一覧
HOME > 院開業のために> 動線を考える

院レイアウトの実例

 Point 動線を考える
動線とは、院を平面図で考え、業務上必要な動きを線で表したものです。この動線を配慮した上で、どこに何を置くのが効率的で、且つ見栄えが良いかを考えます。
実際に院で治療にあたっていると、スタッフの1回1回の動きに無駄な動きが目につくことがあろうかと思います。もちろん、院の広さや器材の配置等の影響は少なからず出るものですが、動線を理解し配置を考えることで、効率的な動きが出来るようになり院の雰囲気、お客様に与える印象も変わって参ります。
  理想的な動線 効率が悪い動線

 理想的な動線のポイン
1:お客様(患者様)の流れをなるべく同じ方向にする。
2:治療者が常に核となるように、器材を配置する。
3:医療器械などのコード類が動きの妨げとならないよう、コンセントの場所を確認する。