• HOME
  • 理学療法治療器
  • 院開業のために
  • スポーツ選手レポート
  • お客様の声
  • 取扱い製品一覧
HOME > スポーツ選手レポート


去る3月26日、第35回全国高校バレーボール選抜優勝大会(春高バレー)で、
男女ともに長崎県代表がダブル優勝いたしました。大会期間中、弊社製品
「アキュスコープ80L&マイオパルス75L」も影ながらそのお手伝いをさせて頂きました!

九州文化学園の選手のみなさん 長崎県佐世保市の大宮町整骨院の院長 小出先生は、日頃から九州文化学園の選手たちをアキュスコープで施療されています。大会期間中は、「アキュスコープ&マイオパルス75L」を宿泊先にまで持参され、選手たちのケア、コンディショニングに努められました。

選手の皆さんにとってはアキュスコープは馴染みのある治療器ですので、先生がこの器械を東京の宿泊先まで持参されたことに、とても喜び、感激されていたそうです。

優勝パレードの様子その甲斐もあってか、九州文化学園のチームは強豪を次々と破り、男女ともに長崎県勢が優勝という、21年ぶりの快挙を成し遂げました!
 
【大宮町整骨院 院長 小出光秀先生から頂いたコメント】

今回の大会では、幸いにして試合に大きく影響するような外傷はなく、選手たちは全体的に良いコンディションで試合に臨めたと思います。しかしながら、細かい部分の疲労による炎症や疼痛はあり、その主なものは肩関節のインピンジメント症候群、手関節の腱鞘炎、ジャンパー膝などでした。
すべてにおいて、アキュスコープによる患部治療やマイオパルスによる関連の筋肉を緩和など、即効性のある施療に選手は満足していました。100パーセント痛みをとることが出来なくても、1〜2回の施療で痛みや関節可動域の改善があれば、選手にとってはほとんど治ったに等しい感覚です。
「アキュスコープがあれば大丈夫」という思いが選手にはあり、遠征先でいつも使っている治療器を使えることほど、選手たちにとって心強いことはありません。選手たちは今、夏のインターハイ2連覇に向け、厳しい練習に励んでいます。
今回ご協力頂いたサンメディカルスタッフの皆さんには心から感謝しています。本当にありがとうございました

小出先生の元には、今年から資生堂に入社し北京オリンピック出場を目指す長距離の藤永選手、 同じくワコールの松元選手、アテネオリンピック強化選手の体操椋本選手、 砲丸投げの現日本記録保持者の野口選手など、非常に多くのスポーツ選手が来院されるそうです。 弊社製品が、皆さまのお役に立てていることを大変嬉しく思います。
微弱電流機器「アキュスコープ」、理学療法機器、接骨院、鍼灸院、治療微弱電流機器「アキュスコープ」、理学療法機器、接骨院、鍼灸院、治療